アフターサービス

JIOリフォームかし保険


リフォーム工事の「安心」を支える、リフォーム工事瑕疵担保責任保険

株式会社スペースクラフトは瑕疵担保責任保険である、JIO(国土交通省大臣指定 住宅瑕疵担保責任保険法人 株式会社日本住宅保証検査機構)「JIOリフォームかし保険」登録事業者です。

JIOリフォームかし保険は、お客様が安心してリフォーム工事を行えるよう、建築士による検査と保証がセットになった「住宅瑕疵担保履行法」に基づく保険です。 リフォーム工事部分の保険期間中の瑕疵(かし=欠陥)により損害が生じたときに、修補が確実に行えるよう 修補費用の一定割合がJIOからリフォーム工事業者に支払われます。

もし瑕疵が発生した場合、株式会社スペースクラフトが住宅瑕疵担保責任に基づき補修を行い、JIOは補修費用の一定割合を保険金として支払います。

検 査

建築士の資格を持ったJIOの検査員が検査します!

しっかりとした施工がされていなければ、
水漏れで柱や床をいためてしまうなど、
工事をした箇所以外にも影響するようなこともあります。
『JIOリフォームかし保険』では、
発注者様では分かり難い工事の内容を
プロの検査員の目でチェックします。

リフォーム工事に自信があるから、
第三者の検査も自信を持って受けられます。

保 証

長いお付合いだからこそ、しっかりとした保証体制を提供します。

もしも、リフォーム工事に
不具合があったら?

『JIOリフォームかし保険』では、工事が原因で不具合が発生しても事業者が保証するので安心です。事業者が保証のために行う補修工事にかかる費用を保険でカバーできるので必要な補修工事が確実に実施できます。

※ 事業者の保証の内容は、事業者発行の保証書を保険の内容は、重要事項説明書をご確認ください。

もしも、リフォーム事業者が
倒産してしまったらどうなるの?

万が一、事業者が倒産してしまった後に工事部分に不具合が起こっても、保険期間内であれば発注者様から補修費用をJIOに直接請求できます。

※ 発注者様に直接保険金をお支払いする場合の免責金額は1事故あたり10万円です。

リフォームかし保険のしくみ

保険金のお支払いの対象例

キッチンの水漏れ

不具合の例:キッチンの交換工事をして8ヶ月後にキッチン配管の接続不良が原因で水漏れ。フローリングの床をいためてしまった。

保険金の支払例:事業者が保険金を利用して配管の接続工事のやり直しと床の張り替え工事を行なった。
・事業者への保険金の支払額:30万円

JIO(日本住宅保証検査機構)
公式サイトへ

住宅火災保険


当社は、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社・日新火災海上保険株式会社・三井住友海上あいおい生命保険株式会社の代理店です。

「火災保険」に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか? 保険は専門用語が多く難しく見えますが、本当はとても優秀な商品です。どんなポイントで、どんな火災保険を選べば良いのかお悩みの方、ぜひ気軽にお問合せ下さい。ベストな御選択のお手伝いをさせて頂きます!

尚、共同住宅(マンション・アパート)のオーナー様には火災保険の見直し相談も承っております。お気軽にご相談ください!